薬剤師求人募集ランキング

薬剤師の転職で年収1000万は可能?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の平均年収は505万円(平成20年度)で、1ヶ月あたり約42万円。これは、他の業種のはるか上をいく高収入で、特に、新卒者の初任給や、中途採用者の初年度の年収の高さはよく知られています。つまり、新人、中堅、ベテランを問わず、新しい職場での給料が高いということで、転職するうえで薬剤師は非常に有利だということです。

通常、異業種から転職した場合には、年齢やキャリアに見合わない給料になってしまう、つまりダウンする職業がほとんどですが、薬剤師に限っては、1年目から他の職業の同年齢の平均年収に匹敵する給与を得ることができます。しかも、薬剤師の将来の市場規模が縮小したり、マイナスに向かうことは考えられず、むしろ需要はますます伸びると予測されます。現に、高齢化の進行により、健康面の問題がますます注目されるようになり、これに伴なって医薬品自体や、医薬品を扱う専門家である薬剤師の需要は高まっています。

近年の薬剤師の年収の推移を見ると、ほぼ横ばい状態にあり、500万円前後といったところです。「横ばい状態」というと、「伸び悩み」というマイナスのイメージを持たれがちですが、決してそうではなく、逆にいえば、一定の水準を維持しているということです。この不景気のなか、ほとんどの職業ではリストラや減給が進んでいるなか、薬剤師は景気に影響されることなく、安定した収入を確保しているのです。しかも、前述のように、これからさらに伸びる可能性を秘めています。

薬剤師は、医師や歯科医と同様に高収入というイメージがあり、実際、かなりの収入を得ている薬剤師も多くいます。薬剤師の年収500万円というのは、あくまでも平均であり、当然、これをはるかに上回る高収入を得ているのが現状です●●。特に、女性薬剤師の場合の平均年収は約470万円ですが、若いサラリーマンやOLの一般的な年収270万円と比較すると、200万円も上回っています。このことから、薬剤師という職業は、女性にとってはかなり魅力的な仕事だといえます。

薬剤師の年収は、その勤務先によって大きく異なり、もっとも高いといわれているのは大手の製薬会社で、年収800万円以上といわれています。近年、求人がもっとも多く見られるドラッグストアも、店長クラスになると700万円以上になっています。薬剤師の勤務先として一般的な病院や調剤薬局では、650万円程度が限界といわれています。こうしたことから、薬剤師が転職する場合、どこに勤めるかによって年収が異なるので、転職先を選ぶ際の参考にしましょう。全体としては製薬会社が高収入を期待できるようですが、薬剤師の求人は決して多くはありません。いずれにせよ、薬剤師は600万円、700万円、800万円といった、通常よりも高い年収を得ることは十分に可能ですが、ここまできたら1,000万円を目指したいものです。

では、どうするか?現時点においてもっとも高収入が期待できるのは製薬会社ですが、求人が少ないという難点があります。ただ、転職が実現すれば、800万円以上の可能性はあるわけで、その延長線上には当然1,000万円という大台も視野に入ってきます。また、求人が多いドラッグストアであれば、店長クラスで700万円以上は可能なうえに、将来性が高いため、今後、給料の急増も見込めます。現時点で「700万円以上」ということは、すでに800万円、900万円、そして1,000万円もの収入を得ている人は存在しているのです。次は、あなたの番かもしれません。

そのためには、各種の求人をよくチェックする必要があります。その場合には、薬剤師専門の求人・転職サービスを利用すると大変便利です。主なものには、「ヤクジョブ」、「マイナビ薬剤師」、「ファルマスタッフ」、「ヤクステ」、「薬キャリ」があり、こうしたところを積極的に利用するといいでしょう。

年収1000万の求人をお探しならこのサイトで探そう!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2012 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!