薬剤師求人募集ランキング

20代の薬剤師で転職をお考えの方へ

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

20代で転職を目指す薬剤師も珍しくなくなっています。職場のミスマッチの問題もありますし、薬剤の就職先が多様化しているのも大きな理由です。これまで薬剤師の就職先といえばもっぱら調剤薬局がメインで、他には病院薬剤師や、かなり狭き門となりますが製薬会社といった選択肢があるのみでした。しかし現在ではCROに代表される治験業務や医療機器メーカー、ドラッグストアといった幅広い選択肢が加わっています。新卒の際には世間一般の流れに合わせて調剤薬局や病院へ就職したものの、職場のミスマッチに悩んだり、より自分の適性にあったキャリアを追求したいといった理由で20代の早い段階で転職を考えるケースも珍しくなくなっているのです。

20代ならまだ若いため転職先の選択肢も可能性も広がります。ただし、あらかじめどの業種へ転職を目指すのかしっかりと決めておきましょう。薬剤師に限られた話ではありませんが、20代にどんな経験を積んだかでその後のキャリアの多くの部分が決まります。自分が将来どんな薬剤師になりたいかをイメージした上で探していくとよいでしょう。

さらに先々の転職を念頭に入れるかどうかも大事なポイントとなります。これから行う転職を将来の転職に役立てるステップとして考えるやり方です。たとえば製薬会社に転職した後にMRを目指す、管理薬剤師からCROのプロジェクトリーダーを目指すなど、転職をキャリアアップの転機として行っていくわけです。もちろん、次の転職先を一生の天職にするつもりで求人を探すやり方もあります。とくに製薬会社への転職を目指す場合にはできるだけ若いうちに入社し、30代くらいまでにしっかりとしたスキルと地位を固めておくことが求められます。

こうした事情を踏まえて20代の薬剤師の転職を目指していくことになりますが、若い段階で将来のキャリアをイメージするのはなかなか難しいものです。また初めての転職では対策方法もよくわからず、求人情報や企業の吟味もなかなかうまくできません。そんな問題点を解消する手段として転職エージェントを活用しましょう。非公開求人をはじめとした求人情報を提供してくれる選択肢とのイメージが強い転職エージェントですが、実際には幅広いサポートが用意されています。たとえばカウンセリングによる適性の見極め。プロのキャリアアドバイザーがこれまでのキャリアはもちろん、本人の性格なども見極めたうえで適性をアドバイスしてくれます。また面接の同行や条件交渉の代行なども行ってくれます。

可能性が広がっている20代の薬剤師転職ですが、一方で将来のキャリアを決める重要な時期でもあるだけに、万全の備えをしましょう。

2016年人気のある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2012 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!