薬剤師求人募集ランキング

30代の薬剤師で転職をお考えの方へ

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

30代の薬剤師が転職を考える理由はさまざまですが、いずれにしろ人生の大きな転機になることは間違いありません。薬学部を卒業して就職し、20代の間経験を重ねてきた職場を離れて新たな仕事を目指すケースもあるでしょうし、すでに何度か転職を重ねてきているケースもあるでしょう。どのようなケースであれ、30代の転職が薬剤師としての今後のキャリアを決定付ける重要なポイントとなります。

まず20代のように「もっとやりがいを感じられる仕事に就きたい」といった漠然とした理由で転職するわけには行きません。これまで自分が培ってきたキャリアやスキルを前提に現実的な視点で自分に何ができるのか、自分が求められる職場・職種とはどのようなものなのかを判断していくことができます。もちろん、やりがいの有無は大事なポイントですが、それだけで職探しを決めていくわけにはいきません。男性の場合は家庭の経済状況を踏まえた上で判断することも求められますし、女性の場合は子育てや家事、結婚といった生活環境を考慮していくことも必要でしょう。

基本的には30代の転職で最終的に自分がキャリアを積んでいくことになる職種を決める形になります。薬剤師として本格的にキャリア形成を行っていきたい場合にはなおのことでしょう。製薬会社に転職の可能性がある最後の年代といえますし、CROなど治験関連の就職でも30代までを年齢の上限にしているケースが目立ちます。この点でも20代のようにいざ転職してみたけど自分に合わない、やりがいを感じられないといった理由ですぐに転職することが許されない状況です。10年後、20年後に自分がどのような環境で薬剤師としてのキャリアを重ねていくのかイメージを膨らませながら検討していきたいところです。

30代で転職する場合にはもう少し具体的なポイントについても見ておく必要があります。まず時間の都合をつけづらいこと。基本的には働きながらの転職活動となりますから、限られた時間内で求人情報の収集から面接対策、履歴書・職務経歴書の作成、さらに面接までを行っていく必要があります。仕事が忙しくてなかなか求人情報をチェックできないでいる間によい求人の募集が終わってしまう、などといったケースも考えられます。時間をいかにうまく利用できるかもポイントになるでしょう。お勧めは転職エージェント。登録し、あらかじめ希望の職種、条件をキャリアアドバイザーに告げておけばそれに合った求人を紹介してくれます。メールなどでいち早く知ることができるので忙しくてなかなか時間を確保できない人でも無理なく転職活動を行っていくことができます。

2016年人気のある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2012 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!