薬剤師求人募集ランキング

5年目の薬剤師の年収はどれくらい?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師として5年目くらいのキャリアになってくると、薬剤師としての仕事も一通り覚えて一人前になったと周りからも見られるはずです。その中で転職への葛藤にさいなまれる人もいます。「このまま今の職場で働くことが正解なのか?」とか「職場にも慣れたし、今更転職するのは…」と行ったり来たりしている人も多いはずです。転職をするにあたって大事なポイントの中の一つに、給料は無視できないポイントとしてあるはずです。

ある転職サイトが、5年目前後のキャリアの薬剤師の給料実態について調査を行ったことがありました。その中で最も多かったのが年収で400〜500万円というものでした。次いで多かったのが500〜600万円、600〜700万円でした。他にも年収700万円以上稼いでいる人も結構います。その一方で年収700万円超えと同じくらいの数で、400万円に満たないという人も見られました。このように同じようなキャリアでも勤務先によって、倍近くも引き離されることもあるわけです。

年収が700万円を超えている人が出てくるのがなぜかと言えば、責任ある立場で勤務する人も出てくるからです。管理薬剤師として他の薬剤師を監督・指導する立場になったとか、店長として勤務している薬剤師も出てきます。このような役職がついてくると、年収はぐんと上昇します。もし500万円から600万円といった年収にキャリア5年目で達していないようであれば、転職をして待遇改善をしてみるのも一つの方法といえます。

5年目で薬剤師が転職するのは、タイミングとしてもベストに近いと言って良いでしょう。5年目になれば先ほども紹介したように、通り一遍の薬剤師の仕事はこなせるはずです。プラスして、まだ年齢的には20代の後半から30代前半の人が多いでしょうから若いです。即戦力で若さもあって、体力と柔軟性があるわけですから薬剤師を採用する会社としては、最も欲しい人材といえます。自分を高く売れるチャンスといっても良いでしょう。

給料のいい所に転職したいのであれば、大手の調剤薬局やドラッグストアにターゲットを絞ってみると良いでしょう。大手の場合経営基盤がしっかりとしているので、給料も手厚く待遇しているところが多いです。また福利厚生なども充実しているため、手当などがついて額面の給料よりも実入りの良くなる傾向が見られます。製薬会社も良いですが、能力主義の側面が強いので結果を出せば給料に跳ね返ってきますが、逆の目になると給料があまりもらえない恐れもあります。

年収が良い薬剤師求人をお探しならこのサイトで探そう!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2012 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!