薬剤師求人募集ランキング

薬剤師求人募集ランキングTOP > 6年制卒の給料

6年制卒薬剤師の給料

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるためには、薬剤師の国家資格を取得しなければなりません。そして、この資格を取得するには6年制の薬学部を卒業することが絶対条件であり、そのうえで薬剤師国家試験に合格する必要があります。医学部や歯学部と同じ6年間も大学に通って様々な勉強を積み重ね、そこからさらに国家試験を突破しなければ手にすることができない薬剤師国家資格。6年制の薬学部を卒業して国家資格を取得した薬剤師の就職先となるのは、病院や製薬会社、保健所、ドラッグストア、食品・化粧品メーカーなど多岐にわたります。

6年制卒の薬剤師とはいえ、初年度の給料は一般の職業とほとんど変わらないようで、平均年収350万円〜400円といったところです。これでは6年制大学を卒業した意味がまったくないようですが、決してそのようなことはありません。なぜなら、薬剤師はキャリアを積むことによって給料がどんどんアップしていく職場が多く、6年間、大学に通って熱心に勉強し、国家試験を突破したにふさわしい報酬を得ることが可能です。初年度こそ他の職業とあまり変わらないものの、その後は確実に上昇していき、平均年収は500万円程度になります。

さらに、職場を選び、努力次第ではそれをはるかに上回る年収を得ることも十分に可能です。実際、700万円、800万円は珍しくありませんし、なかには1,000万円を超える多額の年収を得ている人もいます。具体的には、ドラッグストアの店長クラスで700万円、製薬会社で800万円は当たり前になっています。特に、急成長を続けているドラッグストアであれば、将来的には1,000万円は見込めます。このように、働く場を吟味すると同時に、経験を積んで薬剤師としての腕を磨いていくことによって報酬アップが期待できるのが薬剤師という職業なのです。

薬剤師になるのは非常に大変なことで、従来であれば4年制大学卒で国家試験の受験資格を得られましたが、現在では医学・歯学部同様に6年制の大学の薬学部を卒業する必要があります。こうしてはじめて国家試験の受験資格を得られるわけで、卒業後には薬剤師の国家試験に合格しなければなりません。今年度からは、従来の4年制卒と6年制卒の薬剤師が社会で共存することになりました。

では、この両者の給料はどうなっているのでしょうか?現時点においては、大きな違いはありませんが、近いうちに6年制新卒と4年制薬剤師2〜3年目の給料が逆転することが予想されています。そのため、4年制卒薬剤師のモチベーションの低下が懸念されていますが、6年制卒は4年制卒よりも長く大学に通い、その分、多くの学費を払い、より多くの勉強をしているのですから、この逆転現象は、ある意味、当然のことといえるかもしれません。

とはいえ、極端な差が生じるのも問題なので、さほど大きな格差にはならないと思われますし、そもそも薬剤師はキャリアを積むことで自ずと収入がアップしていく職業でもあります。6年制卒のほうが有利ではあるものの、4年制卒、6年制卒に関わらず、一般のサラリーマンなどよりはるかに多い年収を手に入れられるのは間違えありません。

給料アップを目指すならこのエージェントで求人を探そう!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2012 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!