薬剤師求人募集ランキング

年収600万円以上の薬剤師求人を探すなら・・・

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の体験談がネットで紹介されていますが実際転職して、年収がかなりアップしたという事例はしばしば見られます。薬剤師の中には、年収600万円以上欲しいと思っている人もいるでしょう。年収600万円以上は、決して夢ではありません。しかも年収600万円以上の職場の選択肢は、いくつかあります。

たとえば調剤薬局の場合、地域や規模で差があるものの年収600万円オーバーで仕事をしている人も少なくありません。特に管理薬剤師の資格を持っていると、プラス評価される傾向があります。管理薬剤師の資格を持っているだけでも年収500万円オーバーはかたいといわれ、経験や能力が評価されれば年収600万円超えも現実味を帯びます。ドラッグストアも、年収600万円超えの可能性は十分期待できます。しかも最初から年収400万円程度は約束されている案件も多いです。調剤薬局の場合、最低だと350万円程度の案件が多いのでスタートの待遇はドラッグストアの方が有利といえます。ドラッグストアで勤務している薬剤師の中には、店長などの幹部クラスで仕事をしているケースも多いです。こうなると年収700万円を超えるケースも出てきます。

薬剤師の中には、製薬会社に就職する人もいます。MRといって、医療関係者に自社の医薬品の情報を提供するのが主な業務です。医療関係の営業職とも言われています。最初の内は、年収300万円台と低いです。しかしきちんと成果を出せば、それを収入に反映してくれる世界でもあります。もし成績が良ければ、600万円どころか800万円くらい稼ぐことも可能です。大手の製薬会社で結果を出していれば、30代でも年収1000万円に突入するケースも、決して珍しいことではありません。ただし完全に実力主義なところがあって、もし結果が出ないようであれば、なかなか年収500万円に到達しないような厳しい世界とも言えます。

病院の薬剤師になると、年収600万円は少し厳しいかもしれません。スタートは400万円と、ドラッグストアと同じくらいの給料がもらえます。長く勤務をして、やっと年収600万円とか650万円になるといった感じです。他の職場と比較すると、給料の待遇は恵まれていないといえます。しかし最先端医療に携わることができ、臨床の貴重な経験を積めます。この経験を生かして、ドラッグストアや製薬会社などに転職すれば、高収入を得られる可能性はあります。

年収600万円以上の求人も掲載!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2012 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!