薬剤師求人募集ランキング

治験への薬剤師転職

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の転職先のひとつに「CRC」があります。このCRCとは、Clinical Research Coordinatorの略で、一般に「治験コーディネーター」と呼ばれるものです。CRCの業務は、医療機関で医師の指示のもと、医学的判断を伴わない業務や、治験に係わる事務を行ない、チーム内の調整など、治験業務全般のサポートを行ないます。なかでも特に重要な仕事は、患者への治験内容の説明のほか、心理的負担や不安を軽減するなど、治験者の精神面のケアを行なうことです。

そもそも「治験」とは、人を対象に、被検薬の臨床的、薬学的およびその他の薬学的効果の検出、または確認を行なうものです。つまり、その薬の副作用はもちろん、安全性、有効性を確認するために、被検薬の吸収や分布、代謝および排泄の検討を行なう試験のことをいいます。

治験は、医薬品の製造や、国外から輸入する際の承認、あるいは承認事項の一部変更承認を申請する際に提出する資料を集めることを目的としており、CRCは一連の業務全般に携わる重要な仕事です。

厚生労働省の資料では、治験参加者が治験のことを知ったきっかけとしてもっとも多いのが、「医師や治験コーディネーターなどの病院内職員から情報を得た」というものです。そして、治験に参加して良かったことについては、「治験コーディネーターが相談にのってくれたこと」がもっとも多くを占めました。このように、CRCは治験の現場において非常に重要な存在となっています

日本での治験の届出数は大幅な減少傾向にあり、いわゆる「治験の空洞化」の進行が大きな問題となっています。これは、GCP基準施行以降、承認申請データとしての外国での試験結果を受け入れるようになったことや、薬価の引き下げなどの影響とされています。

公的機関での治験コーディネーター養成のための研修は、厚生労働省、文部科学省、日本病院薬剤師会、日本臨床衛生検査技師会、日本看護協会の5ヶ所で行なわれ、治験コーディネーターを育成しています。

減少傾向にある日本での治験の実施を促進するためには、CRCの存在が欠かせません。医療機関での治験実施施設の整備や、治験への参加者の充実、CRCの養成など、厚生労働省に設置されている「医薬品・医薬機器産業政策推進本部」で、文部科学省などと連携して、「全国治験活性化計画」が進められています。

こうした治験に関わる薬剤師への転職を目指す場合には、薬剤師専門の求人・転職サービスを利用するといいでしょう。

治験の求人募集をお探しならこの転職サイトで!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!