薬剤師求人募集ランキング

育休・産休が取得しやすい会社の薬剤師求人を探すなら!

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

働く女性のバックアップをするために、2010年に育児・介護休業法が変わりました。両親とも育休が取れるようになる、育児期間中は短時間勤務が保証されるようになりました。産休は誰もが取得できるのですが、育休は生後1年まで1年以上勤務していた者などの条件を満たせば取得できます。ただし薬剤師の勤務している職場を見てみると、育休取得の条件を満たしている人でもなかなか取得しにくいところもあります。個人経営など経営基盤が決して盤石ではない職場だと、人為的・金銭的な穴ができますから、なかなか育休を取ろうとすると良い顔をしてくれない傾向が見られます。

もし産休や育休の取れる職場で勤務したいと思っている薬剤師がいれば、経営基盤のしっかりしている大手の職場を見つけることです。大手であれば中小のところと比較すると一般的に、労働者が本来与えられるべき権利などを尊重してくれる傾向が見られます。福利厚生などもしっかりとしていますし、育休をとることに対する周りの理解度も高いです。日本全国にチェーン展開しているような薬局やドラッグストア、さらには製薬会社への転職を検討してみると良いでしょう。

ただし育休を今までに取得した人のいない職場だと、周りに迷惑をかけるような形になります。自分が休む分、残された人の仕事量がおのずと増えてしまうからです。そこで転職先を探すのであれば、育休取得実績の豊富な会社を選ぶことも大事です。大企業の方が良いというのはあくまでも一般的な傾向です。

個別の店舗を見た場合、小規模な薬局などでも育休実績のあるところも見られます。その場合申し出れば、育休をスムーズに取得できるはずですし、周りも温かな目で見守ってくれるはずです。このような実績のある小規模業者の場合、経営者と距離が近く、アットホームな職場であることが多いです。このため、気軽に相談できるというメリットもあります。

その他には国公立の病院に転職する方法もあるでしょう。国公立の病院の傾向として、育休制度などもしっかりとしています。ですから比較的簡単に取得できるでしょう。法律で取得期間や給付なども決められていますので、余計な心配をすることなく仕事ができるはずです。具体的な給付額や期間に関しては、自治体によって異なります。しかし国立病院で勤務した場合には、3年程度在籍していれば育休を取得できる権利を有する所が多いようです。このような公務員への転職も検討しましょう。

育休・産休が取得しやすい会社の求人も掲載!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!