薬剤師求人募集ランキング

薬剤師で転職の履歴書作成にお困りなら・・・

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の転職活動でも当然履歴書の作成が必要になります。じつはこの点が転職における大きなネックになることも少なくありません。サラリーマンに比べて薬剤師は自己アピールがあまり上手ではなかったり、就職・転職活動に慣れていない傾向があるからです。履歴書の作成はそんな就職・転職活動に対する本人の知識や常識などが露わになってしまう面があるため、先方に好印象を与えるだけでなく、非常識な人間だと思われないためにもしっかりと作成していくことが求められます。

まず履歴書の作成に関しては職務経歴書とのカップリングが重要になります。基本的には職務経歴書も作成して提出する形になりますから、履歴書に記載する職歴は最低限に留めます。ただし省略するのは厳禁、また企業名もしっかりと書きましょう。簡潔を心がけつつ必要な部分、アピールしたい部分はしっかり記載しておく。履歴書に目を通した採用担当者が職務経歴書も見たいと思わせるような内容を心がけましょう。

それから志望動機。この部分が履歴書作成のうえで1番悩むポイントともいえます。熱意を伝えるのはもちろんですが、先方に「使える人材」だとアピールすることも求められます。ネット上では志望動機の記入例を多数見つけることができますがそれはあくまでフォーマット。形式を参考にしつつ丸写しにするようなことは避けましょう。「貴社の経営方針に魅力を感じました」「将来性があると思いました」といった内容ではなく、どう魅力を感じたのか、どういった点に将来性があると感じたのかを具体的に記載できるようにしましょう。志望動機に関しては口頭で直接質問され答えるケースも多いため、マニュアルではなく自分の言葉で伝える事ができるかどうかはとくに重要です。また、熱意を伝える際には動機だけを並べていくのではなく、自分のこれまでのキャリアやスキルをどれだけ役立てたいか、アピールできる面も盛り込んでいくことが必要です。そのためには先方の業務内容や経営方針を把握しておくことも欠かせません。

意外なところでは写真。写真はその人の第一印象を決定付けます。清潔で好感が持てる写真を貼りましょう。スーツ姿はもちろんのこと、髪型やメイク、アクセサリーなどにも注意したいところ。女性が圧倒的に多い職業ですからこの点は大事。やや地味な印象で、しかし明るさを表現できる工夫が必要でしょう。

はじめての転職ではこうした対策をひとりで行っていくのは大変です。転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーのサポートを利用しましょう。豊富なキャリアと客観的な視点から履歴書・職務経歴書の作成についてもアドバイスしてもらえます。

履歴書作成のサポートもあります!人気の薬剤師転職サイトはコレ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!