薬剤師求人募集ランキング

薬剤師求人募集ランキングTOP > 薬剤師になるには

薬剤師になるには

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるには、まず6年制の大学の薬学部で薬学についてしっかりと学び、卒業する必要があります。薬学部が6年制に移行したことで、これを抜きにして薬剤師になることは不可能です。つまり、薬剤師になるための最低限の受験資格です。そのうえで、薬剤師国家試験を受け、合格することが必要です。この薬剤師国家試験は年に1回、2日間にわたって実施されます。合格者には、厚生労働大臣から免許が付与されます。

薬剤師になるため、6年制大学の薬学部で学ぶことは薬剤学、薬理、病理、免疫、臨床医学、公衆衛生などはもちろん、微生物、生化学、病院での実習、関連法規、その他諸々、非常に数多く、また幅広く医学の知識を学ぶ必要があります。そのため、一般的な大学生のような、楽しいキャンパスライフを謳歌したり、合コンに明け暮れている暇はありません。学ぶことが多く、また難しいことばかりなうえに、お金の面でも大変な部分があります。薬学部が4年から6年になったことで、当然、学費も多く必要になりました。一般的な目安としては、年間の学費が200万円程度×6年で1,200万円となります。親の負担も大きいので、中途半端な気持ちではいけません。医療に携わる、医薬品のプロになるという自覚が求められます

薬剤師になるためには、6年制大学の薬学部を卒業することが必須ですが、では、どの大学にするか、という問題があります。特に重要なのは、国公立大学か私立大学か、という問題です。学費の安さだけで選ぶなら、当然、国公立大学ですが、卒業後の就職率と、薬剤師の国家試験の合格率では私立大学のほうが優位にあります。国家試験の合格率が低い大学は入学志願者が減り、経営が成り立たなくなる恐れがあるため、私立大学では国家試験対策を徹底的に行ない、できるだけ多くの学生を国家試験に合格させようと努力します。つまり、国家試験をターゲットにしたカリキュラムが充実しているということです。しかも、卒業試験は、国家試験よりも難易度を高く設定し、国家試験に受からないレベルの学生は卒業させないようにしているのです。そのため、私立大学は国家試験の合格率が高いのです。

これに対し国公立大学は、国家試験よりも研究に重点を置いているため、製薬会社に就職して医薬品の研究・開発を目指している人に適しているといえます。卒業試験の難易度も高く設定されておらず、国家試験対策にも重点が置かれていないため、薬剤師の国家試験の合格率は高いとはいえません。

このように、薬剤師を目指すのであれば、私立大学のほうが確実性が高いといえるでしょう

そして卒業後、見事、国家試験に合格し、薬剤師として就職する際には、薬剤師専門の求人サイトである「ヤクジョブ」や「マイナビ薬剤師」、あるいは、「ファルマスタッフ」、「ヤクステ」、「薬キャリ」などのサービスを利用すれば、社会人一年生にふさわしい好条件の就職先が見つかるでしょう。

人気がある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!