薬剤師求人募集ランキング

薬剤師求人募集ランキングTOP > ドラッグストア

ドラッグストアへの薬剤師転職

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

近年、薬剤師の転職・就業先の中でもっとも割合が増えているのがドラッグストアで、全体の約5割を占めています。つまり、薬剤師の2人に1人はドラッグストアで働いている計算になります。

ドラッグストアは、近年、急増・拡大が著しい医薬品販売業態で、どこの地域にもたいてい1店舗はあり、誰もが一度は利用したことがあるでしょう。主力商品である薬だけではなく、日用雑貨や生活用品、化粧品、ヘルスケア用品など幅広い商品を豊富に取り揃えています。むしろ、薬よりも、その他のジャンルの商品のほうが圧倒的に多く揃っています。

そのためドラッグストアは、いわば日用雑貨量販店といえますが、医薬品を取り扱っている以上、必ず1店舗に最低1人は薬剤師が在籍しています。したがって、ドラッグストアの数だけ薬剤師がいるということになります。そして、ドラッグストアは急速に店舗数を増やしつつあるため、それだけ薬剤師を多く必要としており、求人案件も数多く見られます。

ドラッグストアにおける薬剤師の業務は、まず第一にOTC (Over The Counter Drug / 一般医薬品のカウンセリング販売)があります。これは、風邪をひいたり、頭痛などの症状を訴える患者(お客)の相談に応じて、カウンター内の棚から最適と思われる薬を選んで提供することです。

特に最近のドラッグストアでは、調剤薬局に近い業態が増加し、売り場とは別に調剤室を備えた店舗も多くなっています。このような業態の店舗では、調剤薬局と同じように、医師の処方せんに基づく調剤を行ない、服薬指導をしたうえでお客に薬を渡しています。店舗数が急増するドラッグストアは、その業態も含め、常に変化と多様化を続けているのです。

ドラッグストアでは正社員の薬剤師を店長として配置している場合が多いため、店の責任者として従業員(アルバイト含む)の管理や、本部への営業報告といったマネージメント業務、在庫管理なども担当することになります。つまり、ドラッグストアの薬剤師はOTCのほか、店舗で扱う商品の販売、接客、レジ業務など、すべてを行なうことになります。したがって、ドラッグストアの薬剤師は、薬剤師としての専門職だけではなく、店舗業務全般を担うことになります。これは大変な労働量であり、責任も重大ですが、「やりがい」という点ではかなり大きなものを得られるはずです

こうしたドラッグストアへの転職を考えている薬剤師は、「リクナビ薬剤師」「マイナビ薬剤師」といった薬剤師専門の転職サイトを利用すると効率的な転職活動ができます。

ドラッグストアの薬剤師求人募集はエージェントで探すのがベスト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!