薬剤師求人募集ランキング

薬剤師1年目で転職をお考えの方へ

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

職場のミスマッチが業種を問わず大きな問題となっています。とにかく正社員として採用されたい、との意識から焦って就職した結果、職場や業務内容に馴染めずに悩んでしまうのです。この点は薬剤師も例外ではありません。むしろ近年この問題が増えているといってもよいでしょう。薬剤師の就職先や業務内容が多様化したことで「こんなはずじゃなかった」と悩むケースが多くなっているのです。

薬剤師1年目で転職を考えるとなるとどうしても外聞や経歴が気になってしまいます。就職していきなり転職してしまうようなこらえ性のない人材だと思われてしまうと転職活動の際に採用の大きな足かせになってしまいかねないからです。また、1年目では職歴もスキルもほとんどない状況ですから、アピールする要素も少なく、新卒よりも不利な環境で職探しを行っていかなければならない面もあります。

こうして考えると薬剤師1年目での転職はマイナスばかりが大きくあまりお勧めできない選択肢に思えますが、今後のキャリアを考えると早い段階で転職をしておいた方がよい、という面もあります。冒頭に挙げたように薬剤師の業務の多様化が進んでいます。調剤薬局での業務に自分の適性を見出せない人が2年、3年と我慢して働き続けたうえで製薬会社や医療機器メーカーなどへの転職を目指そうとした場合、その我慢した年月は決してプラスにならないからです。とくに製薬会社は時間をかけてじっくりと人材を育成していく傾向があるため、中途採用でも年齢制限をかなり低めに設定しているケースが見られます。現在の職場にやりがいや適性を見いだせないようならリスクを覚悟の上で早いうちに転職活動をはじめるのもひとつの選択肢です。

実際に転職活動を行っていく場合にはまず改めて自分がどんな仕事をしたいのか、どういった仕事に適性があるのかを確認しておく必要があります。給料や企業のイメージ、知名度だけで判断するのではなく、具体的な業務内容を把握したうえで自分が活躍できる場か、やりがいを感じられる仕事かどうかを見極めるのです。この点がうまくできていないとまたすぐに転職したくなってしまう悪循環に陥ってしまいかねません。

それからスキルアップしやすい職場かどうか。キャリアもスキルもほとんどない状況で転職するわけですから、それをフォローしてくれる環境にあるかどうかは大事です。

転職エージェントを利用すれば求人探しからカウンセリング・相談業務など、キャリアアドバイザーのサポートを受けることができます。右も左も分からず転職活動をはじめる1年目の薬剤師にお勧めです。

人気がある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!