薬剤師求人募集ランキング

薬剤師求人募集ランキングTOP > 薬局から病院へ転職

薬剤師が薬局から病院へ転職したい場合

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の職場といえば調剤薬局がメインです。比率はエリアによっても異なりますが、半数以上を占めるところがほとんどです。そのため薬学部から新卒で就職を目指す際には自然と調剤薬局を第一の選択肢にするケースが多く見られます。

ただ、調剤薬局での業務は安定した就業環境が得られる一方、昇給・昇進の面で物足りなさを感じるケースが多いことや、どうしても閉鎖的な環境で働くことになるため人間関係の悩みを抱えるといった問題点もあります。職場への不満やキャリア形成への不安から早い段階で転職を目指すケースも少なくないのです。

そんな調剤薬局で勤務する薬剤師が転職先としてまず候補に挙げるのが病院です。とくに大病院は調剤薬局以上に安定した就業環境が期待できますし、昇給・昇進の面でも恵まれています。さらに大きなポイントとしては医療スタッフの一員として働けるやりがいがあります。調剤業務に留まらず、医師・看護師、さらには理学療法士など幅広いスタッフと連携しながら患者の治療行為に携わっていく。これは調剤薬局はもちろん、製薬会社でも味わうことができない病院勤務ならではの醍醐味です。

ただし、現在では医薬分業が推し進められており、病院への転職のチャンスが減少傾向にあります。病院では処方箋を出すのみで実際の調剤業務は近くにある調剤薬局で行うケースが主流となっているからです。一方、チーム医療の一因として薬剤師が関わる場合には調剤業務はもっぱら入院患者に使用する薬剤に限られるため、従来の病院内での調剤業務とはやや異なる内容になるのがポイントです。

ですから、外来向けの調剤業務も行っている病院を選ぶか、医療スタッフの一員として治療行為や入院患者向けの薬剤の調剤、管理を行う病院を選ぶかの選択がポイントとなってきます。

それからもうひとつ、薬剤師の就職先として注目されているのがCRO、治験業務に携わる仕事です。こちらもアウトソーシングが進んでいますが、病院内で行っているところも少なくありません。薬剤師本来の仕事ではなく、CROとして転職するのもひとつの選択肢となるでしょう。

このように、調剤薬局から病院へ転職したい場合には業務内容や就業環境、病院の種類なども考慮して探していく必要があります。一人で行うよりも転職エージェントのサポートを得たうえで行った方が効率よく進めて行くことができるでしょう。キャリアアドバイザーのアドバイスも参考にしながらの転職活動がお勧めです。

2016年人気のある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!