薬剤師求人募集ランキング

公務員への薬剤師転職

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師と公務員は一見すると、まったく別世界の職業のようですが、実は非常に密接な関係にあります。 薬剤師の国家資格を取得後に公務員試験に合格すると、より幅広い場所で働くことが可能になります。一例を挙げると、「食品衛生監視員」という仕事があります。これは、海外から輸入される食品の微生物検査・検疫などを行なう仕事です。輸入品を対象に仕事を行なうので、勤務場所は空港や港になります。

また、薬剤師が公務員試験に合格することによって、国立・県立の病院で働くこともできますし、保健所での衛生管理業務も行なえます。さらに、麻薬取締官や特別司法警察員として働くこともできます。麻薬取締官は公務員試験がないものの、採用されると厚生労働省の研修を受けることになります。麻薬取締官は警視庁の警察官が対象と思われがちですが、薬物の専門知識が必要なので、薬剤師の免許を持っていれば麻薬取締官として働くことができるわけです。麻薬取締官になるには捕術訓練や拳銃射撃訓練など、一般的な薬剤師にはありえない研修を受けることになります。警察とともに薬物犯罪を防止するために、薬剤師としてのスキルが役立てられるわけです。

公務員として働くことになると、当然、国や自治体(都道府県、市町村)の職員扱いになり、給料や休日などは公務員の規定に沿った待遇となります。福利厚生や健康保険などについても、公務員としての扱いになります。昇進・昇給も一定の規則に従うことになります。さらに、人事異動や人事交流で転勤になることもあることを忘れてはいけません。異動となる範囲は、地方公務員と国家公務員では異なります。同じ転勤がある一般企業に比べると、公務員は安定した地位と収入を得られるメリットがあります。

ところで、公務員の薬剤師であれば、ハローワークで求人を募集しているとカン違いする人がいますが、病院勤務や保健所での衛生管理業務の求人は、薬剤師専門の求人・転職サービスで見つけることができます。ただ、麻薬取締官は厚生労働省地方厚生局麻薬取締部の管轄なので、こうしたサービスでは見つけられない可能性があります。しかし、まったく対応していないわけではなく、採用に関する問い合わせや確認は可能です。

公務員の薬剤師と一般の薬剤師には上下関係や優劣はないものの、調剤薬局の管理薬剤師以上の役職に就くことが可能なので、キャリアアップには最適かもしれません。

そんな公務員の薬剤師の転職を探すなら、やはり薬剤師専門の求人・転職サービスを利用するのが一番の近道といえます。

人気がある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!