薬剤師求人募集ランキング

企業への薬剤師転職

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

企業勤務の薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアなどの薬剤師とは異なる業務を行ないます。企業勤務の薬剤師の仕事は、大きく分けて「営業」「治験」「学術」「研究開発」の4種類があります

まず「営業」は、一般にMRと呼ばれ、医師や薬剤師に対して薬に関する情報提供をしたり、新商品(医薬品)の宣伝などを行ないます。MRの仕事をするために薬剤師の資格は必要ではないため、薬剤師の資格を取得していない人が担当している場合もあります。しかし、扱う商品は医薬品であるため、薬剤師の資格を持っているほうが、転職の際に有利なのは言うまでもありません。

「治験」に携わる薬剤師の仕事は、新薬を実際に使用して試してくれたモニターから集めたデータをもとに、その新薬が認可されるように働きかけることです。「学術」の分野では、海外から収集した文献を翻訳し、企業が利用するのに役立てるのが主な仕事であるため、高度な英語力が必要となります。「研究開発」は、文字通り、新しい薬を開発する業務に従事することになります。

企業勤務の薬剤師は、調剤薬局やドラッグストアなどの薬剤師とは大きく異なり、非常に専門性の高い業務に携わります。治験を除けば患者と接する機会はほとんどなく、医薬品開発部門のプロフェッショナル集団といったところです。

企業の薬剤師は、調剤薬局よりも専門性が高く、また開発分野に携わるため、より高学歴を求められます。そのため、一般的な薬剤師の仕事に就くよりもはるかに「狭き門」だといえます。様々な薬剤師の仕事の中でも企業勤務薬剤師は、いわば「エリートコース」なので、転職活動はすんなりといくものではありません。自力での転職活動には限界があるので、プロの手を借りる必要があります。

薬剤師専門の転職エージェントでは、一般には公開されていない求人情報を入手することもできます。高待遇な求人案件や、エリートコースを目指す人向けの案件などがあります。「狭き門」である企業勤務薬剤師を目指すなら、やはり転職のプロが揃った転職エージェントに登録するのが一番の近道といえるでしょう。コンサルタントが数多くの求人案件の中からあなたの希望条件に合う、ベストな案件を提案してくれます。少々の高望みや、難しい要望を挙げても、プロのコンサルタントであれば、必ずや見つけ出してくれます。

企業の薬剤師へ転職を希望するなら、まずは薬剤師専門の求人・転職サービスに登録しましょう。

企業の求人も掲載!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!