薬剤師求人募集ランキング

薬剤師の資格

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験(毎年1回)に合格後、申請して名前を名簿に掲載し、厚生労働大臣から免許を交付されなければなりません。

ただし、いったん薬剤師国家試験に合格してしまえば将来が保障され、薬剤師として一生活躍できるとは限りません。なぜなら、医療の進歩と同様、新薬が次々と開発されるので、それらに関する情報を常に収集し、勉強し続ける必要があるからです。可能であれば、特定の疾病に関する専門的な知識を吸収するなどして、自分の得意分野を持つことで、さらなる飛躍を目指す向上心も大切です。

薬剤師生涯研修では、多くの団体が研修を行ない、その研修の受講実績に基づいて認定資格を交付しています。こうした認定資格は、薬剤師にとって必要なものとされており、研修認定制度を評価して認証する機関として、薬剤師認定制度認証機構が設立されています

認定薬剤師資格としてまず第一に挙げられるものに、「認定実務実習指導薬剤師」という資格があります。薬学部が6年制になったことによって長期の薬局病院実習が必修科目となり、このことに対応して発行されるものです。認定実務実習指導薬剤師の資格の取得には、薬剤師としての実務経験が5年以上であることと、ワークショップや講習会の研修を受講して受講証明書を得る、という条件があります。

また、「がん薬物療法認定薬剤師」という資格は、日本病院薬剤師会が認定しているもので、がんに対する薬物療法を行なう場合に欠かせない認定資格です。がん患者の増加に伴ない、資格取得者が増加しています。

このほか、「緩和薬物療法認定薬剤師」や「在宅療養支援薬剤師」、「感染制御認定薬剤師」、「プライマリ・ケア認定薬剤師」、「漢方薬・生薬認定薬剤師」、「スポーツファーマシスト」、「認定禁煙指導薬剤師」などがあります。

様々な認定薬剤師の資格に関心を持ち、取得に意欲を見せる薬剤師がいる一方では、ほとんど興味を示さない、あるいは知らない薬剤師さえいます。認定薬剤師のなかでも一般的な研修認定薬剤師は、申請に10,000円のほか、写真付きの名札を希望する場合はプラス1,000円となっています。自動車の運転免許証と同様、3年ごとに更新が必要で、その際にも10,000円が必要です。この更新をしなかった場合は、資格は失効し、「認定薬剤師」から「薬剤師」に戻ります。

認定薬剤師の資格を取得することによって、周囲からは「よく勉強している」「向上心がある」と見られ、医療に対する高い意識と志を持った人物として高い評価を得られます。認定薬剤師名簿に名前が掲載されるので、多少は知名度がアップしますし、障害者自立支援法の指定薬局になることもできるので、自ら開業する際には有利になります。

もちろん、転職の際にもかなり有利になり、高収入・好条件の職場が期待できます。さらに条件の良い転職先を探すなら、「マイナビ薬剤師」や「ヤクステ」、「ヤクジョブ」「ファルマスタッフ」「薬キャリ」などの薬剤師専門の求人・転職サービスを利用すると大変便利です。

資格取得支援してくれる求人募集を探すならこのサイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!