薬剤師求人募集ランキング

薬剤師求人募集ランキングTOP > 男性薬剤師の仕事

男性薬剤師の仕事

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

一般に薬剤師というと女性のイメージが強いようですが、看護師のような男女比の偏りはなく、ほぼ同程度か、やや女性が目立つぐらいで大差はありません。男性女性に関わらず、薬剤師という仕事は、人の生命に関わる重要な仕事でもあるので、やりがいのある職業だといえるでしょう。したがって、女性のイメージが強いとはいえ、男性が一生の仕事として目指し、取り組むに値する価値のある仕事だといえます。

仕事の内容も基本的に女性と変わるところはなく、給料に関しても、特に男女差はありません。これは当然のことであり、男だからという理由だけで女性よりも給料が高ければ、それは性差別になり、むしろ問題です。薬剤師は、男性も女性も平等であり、その能力や経験、勤務先によって、いくらでも給料をアップさせていくことが可能です。

むしろ女性の場合、結婚による退職や、出産・育児のための休暇をとる可能性がありますが、男性の場合は一生の仕事として、絶え間なく継続して働くことで確実にキャリアアップしていくことができ、それにともない給料も上がっていくことになります。

もっとも、世間からは高給取りと思われている薬剤師も、実際のところ年収は平均500万円程度が相場で、同じ医療従事者である医師・看護師に比べると高いとはいえません。一般企業のように、男性社員、女性社員の年収にはほとんど差がなく、なおかつ正社員、パートによる収入の差もあまりありません。これは、女性にとってはメリットかもしれませんが、もっとバリバリ働いて、ガンガン稼ぎたい、意欲的な男性にはデメリットであり、不満となるところかもしれません。いくら長く勤めて経験を積んでも、給料アップはすぐに頭打ち状態になり、それ以上の高収入は見込めなくなります。

これは、薬剤師の勤務先によって異なるものの、たとえば病院や薬局における薬剤師の収入は、キャリアを積めばアップするというものではなく、場合によってはそのまま同じ職場で働き続け、定年退職まで勤め上げるというケースもあります。

より高収入を求めるのであれば、積極的に転職を考えたほうがいいでしょう。労力の割に収入が伸びず、不満を感じながらも我慢して仕事を続けている男性薬剤師も少なくありません。しかし、自分の希望に合った職場へ転職するとによって、すべてが解決します。薬剤師の職場で比較的月収が多いのは、製薬会社のほか、全国展開している大手のドラッグストアチォーンなどがあります

今よりも多くの収入を得たい、もっとやりがいのある仕事をしたいと考える人は、薬剤師専門の転職支援サービスなどを利用するといいでしょう。より条件の良い転職先が見つかることでしょう。「ヤクステ」「マイナビ薬剤師」「ヤクジョブ」「薬キャリ」「ファルマスタッフ」などでは、条件の良い求人がたくさんあります。一度、利用してみるといいでしょう。

男性限定の求人を探すならこのサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!