薬剤師求人募集ランキング

休みが多い薬剤師求人を探すなら!

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師が転職する理由として、「仕事漬けの日々だったから」という意見もしばしば見られます。休日があまりなく、しっかりと休むことができずに精神的にも肉体的にも疲弊してしまって離職してしまうパターンはしばしば見られます。そのような理由で転職を希望するのであれば、年間休日がどのくらいあるのかで比較することが大事です。

ところで薬剤師の求人情報を見てみると、年間休日数105日としている募集をたびたび見かけませんか?なぜ年間休日105日を多くの業者で採用しているかというと、労働基準法という法律が関係しているからだとされます。労働基準法では、年間休日を最低この程度確保しなさいというように数を定めています。ちなみに求人情報を見てみると、年間休日87日という案件も出てくるはずです。

これは労働基準法違反ではないかと考える人もいるでしょう。しかし労働時間との関係で、87日でも問題はありません。先に紹介した105日は1日8時間労働を基本にしています。ところが1日7.5時間を労働時間とすれば、87日が最低の休日日数になるわけです。いずれにせよ、105日とか87日の年間休日数ではしっかり体を休めるのは難しいでしょう。

薬剤師の求人を見ると、これよりも多くの日数の休日を約束している募集も見られます。年間120日以上とか、年間休日125日といった案件も出ています。125日年間休日があるとなると、完全週休2日制をとっていて、年末年始やお盆にもまとまった休日の取れることが予想されます。このようなペースで休日が取れれば、ワークライフバランスの取れた環境で仕事もできるのではありませんか?また求人情報で、土日休日としている案件であれば、家族と予定も合わせやすいでしょう。このような観点からも休日がどうなっているかをチェックしてみることです。

ちなみに同じ年収でも年間休日数が異なれば、単価でみれば違いも出てきます。例えば年収600万円といわれると、薬剤師の求人の中ではなかなかいい給料だと思う人もいるでしょう。しかし同じ600万円でも年間休日105日と123日とでは、単価での給料の違いがかなり如実に現れます。日給で比較すると、2000円もの差になるといいます。薬剤師で求人探しをしている人の中には、給料がどのくらいかで比較をしている人も多いです。しかしあまり給料の高い安いだけで比較をしていると、年間休日を見落としてしまう恐れもあります。いくら給料が良くても、休める時間がなければ意味はありません。

休みが多い求人も掲載!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!