薬剤師求人募集ランキング

ママさん薬剤師の転職なら・・・!

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の男女比率は女性の方が圧倒的に多い状況です。3:7とも4:6とも言われ、女性が広い範囲で担い手となっていることが窺えます。そしてそんな女性優位な状況が薬剤師の離職率の高さや不安定な就業環境、多様な雇用形態の原因にもなっています女性の場合、結婚や出産による退職の問題が出てくるからです。

完全に離職して家事や子育てに専念する場合はとくに問題はありませんが、子育てをしながら働きたい場合にはライフスタイルにあった職場への転職が求められます。キャリアアップややりがいとは異なる価値観で働きやすい職場を探していく必要があるわけです。

そんなママさん薬剤師の転職の選択肢ではまず調剤薬局がやはり挙げられます。残業も少ないですし、休日出勤なども原則としてありませんから、規則正しい就業環境で働きたい場合には最適な選択肢といえます。ポイントは通勤に楽なところを選ぶこと。そのため、自宅近くによい求人があるかをチェックしていくことが大事です。地元の情報誌や調剤薬局に貼り出された求人の貼り紙なども活用しつつ広く求人情報を探していきましょう。

それからドラッグストア。こちらも時間の融通がつけやすい職場です。全国展開を積極的に推し進めている大手チェーン店も多く、地元の仕事先を見つける上で重要な選択肢となります。ただし、近年では登録販売者の資格が登場したことで薬剤師を置くドラッグストアが減少しており、やや厳しい環境になりつつあります。

一方、製薬会社はキャリアの都合で、CROなど治験業務は出張が多い事情からママさん薬剤師の選択肢としてはかなり制限を受けます。

ママさん薬剤師の転職に関してはもうひとつ、雇用形態の問題もあります。家庭生活を重視するなら派遣・バイトで働くという選択肢もあるからです。その場合は仕事先を見つけるのはそれほど難しくないでしょう。

しかしあくまで正社員としての転職を望む場合にはそれなりの準備と対策がやはり必要です。それだけに転職エージェントを上手に活用しましょう。実際にその職場が子育て中でも働きやすいかどうか、サポート環境が充実しているかどうかは求人情報だけでは把握しきれない面もあります。会社の制度だけでなく、職場の雰囲気、他の薬剤師やスタッフのママさん薬剤師への理解なども関わってくるからです。転職エージェントのキャリアアドバイザーならこうした職場の内情についての情報も教えてくれます。地元エリアの求人が充実している転職エージェントを探してみましょう。登録は無料ですから、実際に登録したうえで選んでいくのもお勧めです。

2016年人気のある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!