薬剤師求人募集ランキング

製薬会社のMR薬剤師の年収はどれくらい!?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の中には、製薬会社に勤務してサラリーマンとして活動している人もいます。製薬会社に勤務している薬剤師を見てみると、MRと呼ばれる肩書きで仕事をしている場合が多いです。MRとは日本語に訳すと、医学情報担当者になります。自社開発した医薬品に関する情報を医者や薬剤師のような医療関係者に伝えるのが主な役割になります。どのような効果があるのか、どのような症状の患者に処方すべきか、どのような副作用が起こりうるかといった情報を提供します。アドバイザー的な役割といえます。また新薬ができたときには自社製品を使ってもらうように、病院関係者を回ることもありますから、営業職の要素もあります。

MRの収入がどのくらいかですがデータなどを基にすると、特に大企業のMRになると高収入が期待できます。おおむね年収で700万円をオーバーするといわれています。しかも実績をきちんと積み重ねることができれば、年収1000万円を超える人も出てきます。薬剤師の年収の相場が500万円とか600万円とか言われていますから、倍の収入を手にできるかもしれないわけです。このように言われると、調剤薬局やドラッグストアで勤務している薬剤師で給料に不満を抱えているとすぐに製薬会社に転職したくなるかもしれません。

しかしMRで先ほど紹介した年収1000万円を超えるような人は、ごく一部です。日本で活動している製薬会社の多くが、いわゆる外資系の会社です。外資系は日本の企業と比較すると、より能力主義を前面に打ち出す傾向が見られます。結果を出せば、年収アップできちんと対応してくれます。しかしもし結果が出せないようであれば、年収も低くなります。先ほど紹介した薬剤師全体の年収相場よりも安い給料しかもらえないケースもあります。さらに能力がないと判断されれば、リストラの憂き目にあってしまう可能性も出てきます。弱肉強食の厳しい世界であることを認識しなければなりません。

MRで高収入を得るためには、今までの薬剤師の能力とは別の実力が求められます。先ほども紹介したように、MRはさまざまな医療関係者とコンタクトをとっていきます。このため、コミュニケーションスキルが要求されます。新薬の売り込みをする場合、その医薬品のどこに魅力があるのか、どのような所がほかのメーカーの商品と異なるのかを正確にわかりやすく伝えないといけません。プレゼンの能力なども必要になるでしょう。

MRの求人をお探しならこのサイトで探そう!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!