薬剤師求人募集ランキング

薬剤師の時給換算

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師は国家資格であり、これを持っていると、まず仕事に困ることはありません。特に、ドラッグストアはその店舗数を増やし、チェーン展開の規模を拡大しています。そのため、積極的に求人を行なっており、薬剤師の求人のほとんどはドラッグストアのものです。また、病院では慢性的な人材不足のため、病院薬剤師を募集しているところが多々見られます。一時期、2010年以降は薬剤師の数が増加し、飽和状態になると危惧されましたが、実際にはそうしたことはなく、相変わらず薬剤師の資格は大きな効力を持っています。

特に、パート勤務の薬剤師の高待遇には目を見張るものがあります。数あるパートのなかでも、薬剤師の平均時給はもっとも高いのが現状です。時給2,000円前後は当たり前で、それを大きく上回る額で募集しているところも少なくありません。なかには1時間5,000円というところもあるほどです。通常、2,000円という高い時給のパートは他にはありえません。能力の違いや地域格差などを差し引いても、薬剤師はあらゆる仕事のなかでも、もっとも時給が高いアルバイトなのです。

つまり、薬剤師という資格は、それほどの価値があるということで、それを持っている人はかなり貴重な人材だと評価されているということなのです。最近では、正職員よりもパート、アルバイトに人気が集まっており、他の仕事と掛け持ちで薬剤師のアルバイトをする人もいるほどです。

薬剤師のパートの時給が破格なのは、国家資格取得の難易度が非常に高いことが理由として挙げられます。とはいえ、薬剤師の資格を取得するための国家試験そのものが難しいということではなく、それ以前に、薬剤師の国家試験を受けるための条件がハイレベルであるということです。つまり、「薬学部卒業」が絶対条件であり、特に現在は6年制が導入され、より一層ハードルが高くなっています。こうした条件を満たしたうえで国家試験に合格して国家資格を取得しているため、薬剤師はパートであったとしても高待遇を受けられるのです

高時給を提示しているのは病院薬剤師のパートの求人が一般的です。病院薬剤師は勤務時間が不規則だったり、場合によっては深夜に急患対応に駆り出されることもあり、仕事自体が大変ハードです。だからこそ、それに見合った報酬として、高い時給が設定されているわけです。勤務は重労働な部分もありますが、それだけやりがいもあり、高収入を得られるのが病院薬剤師の仕事です。

また、近年、店舗数の増加が目覚ましいドラッグストアのパートの時給も病院薬剤師に匹敵する高さとなっています。ドラッグストアの場合、医薬品以外の商品も扱うことになりますが、急患対応に追われることはなく、勤務時間も一定しています。こうしたこともあって、病院薬剤師よりも人気があります。

こうした薬剤師のパート、アルバイトの仕事を探すなら、専門の求人サイトである「リクナビ薬剤師」、などを利用すれば、条件の良い働き口が見つかるでしょう。

高時給の薬剤師求人募集を探すならこのサイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!