薬剤師求人募集ランキング

調剤薬局長の薬剤師の年収はどれくらい!?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の勤務先の中でも多くの方が仕事をしているのが、調剤薬局です。病院から処方箋をもらってきた患者からその処方箋を受け取って、医者の指示通りに調剤をして薬を処方するのが主な役割になります。調剤薬局で仕事をしていると、人によってはキャリアアップできるかもしれません。調剤薬局全体を任される調剤薬局長になることも可能です。調剤薬局長として仕事をするようになれば、薬の納入量や管理、収支のチェックなどもすべて行わないといけません。従業員の管理やもし人手不足になった場合にはその募集、応募があった場合には面接の担当などやるべきことは増えます。大変ではありますが、その分、給料はヒラの薬剤師と比較するとアップします。

調剤薬局長の給料ですが、地域によってかなり隔たりのあるのは事実です。近年の傾向として、都市部よりは地方の方が待遇の良いことが多いです。都市部で暮らしている人は実感しているでしょうが、病院やクリニックの周りには調剤薬局がたくさんあります。プラスしてドラッグストアでも調剤薬局のブースを併設していることが多く、競争が激化しています。経営コストもなるべくカットしたい事情もあって、給料は頭打ちになっています。しかしそれでも調剤薬局長になれば、年収700万円程度もらえる可能性は十分あります。

一方地方の場合、調剤薬局があまり多くない地域も見られます。しかも薬剤師の中には、上京して最新医療に近い環境で仕事をしてみたいと考える人が多いです。このため、地方ではなかなか薬剤師の成り手がいないといった悩みを抱えているケースも多いのです。このような薬剤師不足に悩まされている地域は、高齢化がつとに進んでいるエリアも多いです。高齢者の割合が多いと、病院を利用する頻度も多く、調剤薬局の仕事量はおのずと多くなります。このような背景もあって、待遇を良くしてとにかく薬剤師を確保することが優先されます。結果年収の良い求人もしばしば出ているのです。調剤薬局長になると、年収750万円とか、中には800万円を超える地域もあるといいます。

もし年収だけで単純比較をすれば、地方の調剤薬局長になるのはメリットがあるかもしれません。ただし少ない人員で連日多数詰め掛ける患者の調剤をしていかないといけない可能性もあります。そうなれば仕事量は多くなり、場合によっては残業をしばしば強いられる恐れも出てきます。給料だけでなく、仕事内容や仕事量なども考慮して転職先を見つけることです。

調剤薬局長の求人をお探しならこのサイトで探そう!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!