薬剤師求人募集ランキング
薬剤師求人募集ランキングTOP > 面接のポイント

薬剤師の面接のポイント

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

面接というのは何度経験しても緊張するもので、「何を聞かれるんだろう?」「どう答えればいいんだろう?」と不安を抱きがちですが、転職者はすでに社会経験を積んでいるので、その経験をもとに自分の考えを正直に述べればいいわけです。また、薬剤師だからといって特別なことを聞かれるわけではなく、基本的にどんな職業でも同じような質問をされるだけです。ただし、「転職」ということに関して、注意しなければならない点がいくつかあります。

転職の面接で必ずと言っていいほど聞かれるのが「退社理由」です。なぜ、現在の職場ではダメなのか?ということです。これは、採用する側からすれば当然、知っておきたいことですから、必ず聞かれるものと思っておいたほうがいいでしょう。そして、この質問に対する回答は、採用の可否に大きく関わってくるので注意が必要です。「給料が安いから」とか「上司とうまくいかないから」「職場の雰囲気や人間関係が悪いから」など、ネガティブなことは絶対に言ってはいけません。これは、現在の職場に対する「悪口」と受け取られ、採用した場合、自社の悪口を言い触らされる可能性があると判断され、まず不採用となります。だからといって曖昧な答えでは優柔不断だと思われ、仕事を任せられないと思われてしまいます。

そこで、もっと前向きな理由を述べたうえで、志望動機に結びつけるのが理想的です。退社理由の次には、やはり必ずと言っていいほど志望動機を聞かれるのが一般的ですから、これをうまく利用します。たとえば、退社理由については、「スキルアップしたい」「もっとたくさんの仕事をしたい」「いろんなことをやってみたい」と思うようになり、御社ではそれが可能だと思ったから応募した、といった流れを作るわけです。

志望動機に個別に答える場合は、「給料がいいから」といった金銭的なことや、「休みが多い」「残業がない」といった、仕事に対して後ろ向きなことを言ってはいけません。理想的な回答は、事前にその会社の経営・運営方針などを調べておき、それに対する賛意や、共感したことを述べるといいでしょう。プロの面接官というのは、相手が本心を言っているかどうかを見抜きますから、その場しのぎでは通用しません。事前のリサーチが重要です。また、薬局・ドラッグストアなどの場合であれば、自分がお客として行ったときに感じた職場環境の良さなどを挙げ、「自分もこんなところで働いてみたいと思った」、あるいは製薬会社、食品・化粧品メーカーなどであれば、その会社の社風や評判、製品の品質の良さを挙げ、「そのような優れた会社で自分の能力を発揮してみたいと思った」という志望動機も面接官から好感を得られるものです。

退社理由や志望動機と同様に面接官が知りたいと思うことは、あなたが薬剤師という仕事をどのように考えているのか、どんな気持ちで仕事に取り組んでいるのか、薬剤師のどんなところにやりがいを感じているのかといった「薬剤師としての心構え」についてです。転職を希望して面接を受ける人は、すでに実務を経験しているので、それに基づく自分の正直な気持ち、薬剤師への思い、あるいは仕事の現場で学んだこと、うれしかったこと、難しかったことなどを伝えるといいでしょう。過去に失敗を経験していたとしても、そこから何を学び、どう活かしてきたかを述べるのもいいでしょう。そのうえで、採用されたらどんなことをしたいか、会社(お店)や社会にどう貢献したいかを述べましょう。これは、自分のセールスポイントを相手に伝える重要なポイントでもあります。

このほかにも、面接においては、注意しなければならない点がいくつもあります。それは、相手に良い印象を与えるためというよりも、自分のことをしっかり知ってもらうための方法といえます。こうしたことは、薬剤師専門の求人・転職サービスを利用することで、コンサルタントから適切なアドバイスを受けることができます。薬剤師転職サイトを利用すれば、面接で失敗することはないでしょう。

転職エージェントはサポート充実!面接の対策もバッチリ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!