薬剤師求人募集ランキング

調剤薬局の薬剤師転職

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の職場には、病院、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、食品・化粧品メーカー、あるいは保健所などの公共機関などがありますが、もっともポピュラーなのは、やはり調剤薬局でしょう。調剤薬局の薬剤師の仕事は、病院の医師の診察に基づいて発行され、患者が持参してくる処方せんに従って薬の調合を行なうことが中心です。まず、処方に間違いがないかを確認するのも薬剤師の大事な仕事です。病院の医師が処方した内容であっても、薬剤師の目線で再度チェックを行ないます。医薬品に関しては医師よりも薬剤師のほうが詳しいので、場合によっては医師の処方にミスがあることもありえます。薬の処方に間違いは許されないので、薬剤師のチェックは欠かせません。もし間違えると効果が現れないこともありますし、場合によっては患者の生命に関わることさえあります。

薬の処方内容の確認が済んだら、続いて調剤作業に入ります。製薬会社の錠剤であれば、服用回数に応じて分量(個数)を準備し、調剤が必要な粉末の薬などは正確に計量してから封入します。処方せんには「1日食後3回を7日分」とか「1日朝夜2回を14日分」といった記載がされており、患者によって処方は様々です。1人の患者が複数の薬を使用する場合は、薬ごとに服用方法が異なる場合が多いので、間違いのないように慎重に計算を行ないます。

処方せん通りに調剤した薬を患者に渡す際には、服用方法や飲むタイミング、塗り薬や貼り薬などの外部薬の場合は使用方法などをわかりやすく説明します。薬は正しく使用してこそ効果が出るものなので、患者の協力がなければ病気や怪我の回復にはつながりません。また、安心して服用してもらえるように、上手にコミュニケーションをとることも大事です

このほか、薬剤師はあらゆる薬を多くの患者1人1人に調剤するので、薬の管理はもちろん、個々の患者の処方記録のデータベースを管理するのも重要な仕事です。そのため、調剤薬局の薬剤師には、薬の専門知識のほか、正確な調剤技術、患者への服薬指導能力など、実に幅広いスキルが求められます

こうした調剤薬局の薬剤師として働くことを希望する場合は、薬剤師専門の転職サイトを利用するといいでしょう。求人検索から転職相談、面接対策などについて、プロのスタッフが無料でサポートしてくれます。

調剤薬局の求人募集をお探しならこのエージェントサイトがオススメ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!