薬剤師求人募集ランキング

薬剤師求人募集ランキングTOP > 製薬会社の研究職

製薬会社の研究職で働く薬剤師の年収相場は!?

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の平均年収は400万円から500万円というところですが、業種によってはさらなる高収入を狙うこともできます。その一つが、製薬会社の研究職です。特に上場企業ではその傾向が強く、若手であってもかなり高い年収をもらっている人も実際に多くいます。もちろん、実力が求められる世界ではありますが、能力と頑張り次第で高い評価を受けられるようになりますので、チャレンジしてみる価値が十分にあると言えるでしょう。

製薬会社の研究職では、初任給こそ20万円台半ばと普通の会社員とさほど変わらない基準ですが、昇給の割合が大きく、実績を積み重ねていくうちに高収入を期待できるようになります。また、多くの製薬会社では実力主義を採っていますので、きちんと業績を上げれば、正当な評価を収入額という形で得ることができるでしょう。大手の製薬会社では30代でも1,000万円を超える年収を得ることが可能になっていますので、若くても高収入を狙える環境が整っています。平均的な年収の基準としては、750万円ほどとなっていて、全体的に高い基準が設定されていることが分かります。

このように、製薬会社の研究職は待遇が良いため人気がある求人ジャンルですが、その分求められるものも多くなります。中途採用の場合であれば、この分野での実務経験を持っていることが条件となっているケースが多いですし、少なくても大学院などで研究を続けていたという実績が必要になります。門戸が他の業種よりも狭められていますので、もしこの分野における経験があるのであれば、積極的に申し込むことでチャンスをつかむことができるでしょう。

製薬会社において、優秀な研究者を獲得できるかどうかは、会社の業績を左右する大事な問題です。そのため、採用を決めるにあたっては、かなり厳しい目でチェックを行います。スキルとともに実務経験があるかどうかを、履歴書だけでなく面接の際にもかなり突っ込んで確認します。そのため、採用を勝ち取るためには面接対策を入念に行う必要があります。予想される質問をしっかりと考えて、きちんと受け答えできるようにしなければなりません。また、技術的な質問がなされることも多いので、関係する知識を復習しておくことも忘れないようにしましょう。実力主義の傾向がとても強い分野ですので、いかに自分の能力を印象付けられるかが採用を決めるものとなり、そのための準備を時間をかけて行うことは欠かせないものと言えます。

製薬会社の求人も多数!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!