薬剤師求人募集ランキング

薬剤師の学校

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるには、薬剤師の国家試験に合格する必要があります。そして、薬剤師国家試験を受けるためには、「学校教育法に基づく大学で薬学の正規の過程を修めて卒業した者(卒業見込みの者も含む)」という規定があります。かつては、「学校教育法に基づく大学で薬学の正規の過程」は、4年制の大学の薬学部を指していたため、4年制の薬学部を卒業(卒業見込みも含む)すれば、薬剤師の国家試験の受験資格を得ることができました。

ところが、2006年度入学から、薬学部の6年制課程が導入され、6年制の「薬学科」と4年制の「薬科学科」という2つの課程が設けられました。これにより、受験資格が変わり、それまでは4年制の薬学部を卒業(卒業見込みも含む)すれば得られた薬剤師国家試験の受験資格は、4年制の「薬科学科」を卒業したことでは得られないことになりました。つまり、薬剤師国家試験の受験資格は、6年制課程を卒業、もしくは卒業見込みの人に限定されることになり、新4年制課程を卒業したとしても薬剤師の国家試験を受けることはできなくなったのです。

薬剤師の国家試験の受験資格を得られるのは「6年制大学薬学部」に限られるため、短期大学や専門学校、大学の夜間部(第二部)を卒業しても、薬剤師にはなれません。薬学系大学(薬科大学や大学の薬学部)を卒業することのみが、薬剤師国家試験の受験資格を得る方法なのです。

また、薬学部以外の学部を卒業している場合であれば、1年生からやり直すことなく、薬剤師の国家試験の受験資格を得る方法があります。一部の大学では、薬学部2年次(または3年次)編入学試験を実施しているところがあります。ただし、この場合、すでに卒業している大学の学科によって、編入できる学年(2年次か3年次)が異なるので、編入学試験を実施している各大学に問い合わせて、しっかり確認する必要があります。

さらに、ここまで説明してきてすでにおわかりと思いますが、どこの大学にも通わず、独学で勉強したとしても、薬剤師の国家試験を受験することはできません。あくまでも、6年制の薬科大学か大学薬学部を卒業(卒業見込み含む)しなければ、薬剤師国家試験の受験資格を得ることはできません。

薬剤師になるために卒業する必要がある薬学部は、文字通り、薬学の教育や研究をする大学の学部です。医師になるための医学部や、歯科医になるための歯学部、獣医になるための獣医学部と同じように、6年制が導入されています。

一般のイメージでは、「薬学部」と聞くと、薬剤師国家試験合格のための養成機関のように思われがちですが、必ずしもそうではなく、一部には薬学者の教育に重点を置いている大学も存在します。ちなみに、薬局やドラッグストアに勤務している薬剤師に女性が多く見られることからもわかるように、薬学部には女子学生が多く在籍しており、キャンパス内を見ると、一見、女子大のような錯覚をすることがあるほどです。また、大学の薬学部卒業者には、病院などの医療機関のほか、薬局や製薬会社、化粧品・食品メーカーに勤務している人が多く、これは卒業後に取得した薬剤師免許を有効に活用していることの証といえるでしょう。

人気がある薬剤師求人募集サイトはこれ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!