薬剤師求人募集ランキング

第二新卒向けの薬剤師求人を探すなら!

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の中には、就職して3年以内に離職してしまう、第二新卒の方も結構多いです。離職してしまう理由にはいろいろとあって、自分がイメージしていた業務内容と現実との間にギャップがあったとか、人間関係に嫌気がさしてといったものがしばしばみられます。また通勤が厳しいといった、地理的な原因を挙げるケースもあります。通常第二新卒は、キャリアが十分ではない、若さも新卒を採用した方が良いということで転職では不利といわれることが多いです。

しかし薬剤師に限ってみれば、第二新卒でも採用の可能性は十分あります。特に既卒で実務経験のまったくない薬剤師と比較すると、使える人材と評価してくれる傾向が見られます。

第二新卒の薬剤師が転職する際には、大手の調剤薬局やドラッグストア、製薬会社などに就職するのがおすすめです。しかし第二新卒だとビジネスマナーなど、社会人として最低限持っておかないといけないものは身についていても、実務経験3年未満の新人はまだ即戦力ではありません。このため、専門性の高い教育を施す必要があります。あまり規模の大きくない所だと、そのような教育もできないケースも見られます。すると右も左もわからずに戸惑ってしまいます。そのような人材を大手は取ってくれるのでしょうか?

まず薬剤師の業界ですが、人材不足が深刻といわれています。今までは調剤薬局や病院が主要な職場でした。しかしドラッグストアでも調剤薬局を併設する所が出てきています。しかもドラッグストアは大手を中心として、急速に日本全国で店舗を拡大しています。このため、薬剤師を強く求める傾向が見られます。よって薬剤師の資格を持っていれば、第二新卒でも構わないと考えるところも結構多いです。

第二新卒を採用するのは、会社側にとってもメリットはあります。それは、基本的なビジネスマナーに関してはマスターできている人材の多い点です。つまりまったく実務経験のない新卒を採用するのに比較して、教育にかける時間もお金も省略できると考えられます。新卒から社会人にするための教育は、結構お金がかかります。このコストカットできる第二新卒をあえて採用する所も少なくないのです。ですから第二新卒は大手を中心に転職先を探してみることです。

第二新卒が転職活動を行うとき、おそらくまだ業務における実績は無きに等しいでしょう。その部分でのアピールは難しいはずです。そこで将来自分はどのような薬剤師になりたいのかなど、熱意を面接の場で伝えることが大事です。将来性のある人材であると採用する側に思わせることが重要なポイントになります。

第二新卒向けの求人も掲載!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!