薬剤師求人募集ランキング

時短勤務制度がある薬剤師求人を探すなら・・・

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師の中には女性の方も結構多いです。女性の場合問題になるのは、結婚して出産した後の仕事の仕方です。家事や特に育児と仕事の両立をするのは、並大抵のことではありません。最近では育児休暇の取得できる案件も増えていますが、育休明けでもまだまだ手のかかる年齢ですから、フルタイムで仕事をするのは厳しいという人もいるでしょう。もしフルタイムの仕事が厳しければ、時短勤務のできる所で勤務することです。時短勤務とは、通常よりも短時間だけシフトに入ればいい働き方です。午後3時ごろまでとか、午前・午後だけ仕事をすればいいといったようなところも見られます。

時短勤務を希望する女性薬剤師が転職を希望するなら、候補に入れておきたいのは調剤薬局とドラッグストアです。両方とも、時短勤務に対して深い理解があるといわれているからです。まず調剤薬局についてですが、もともと調剤薬局には女性の薬剤師が多いです。このため、育児や家事に関する理解がある人が勤務している傾向が見られます。またドラッグストアの場合、特に大手チェーン店のドラッグストアにいえることですが、福利厚生のしっかりしているところが多いです。このため、育休や産休もきちんと取れます。その他にも育児中の時短勤務にも柔軟に対応しているところが多いです。また妊娠中の段階で、お腹が大きくなってくるに従って、体への負担に考慮し、時短勤務を認めているドラッグストアも少なくありません。

その他には、製薬会社は少し前までは時短勤務を行っていない所が多数派を占めていたのですが、時短勤務を認める傾向が出てきています。時短勤務を認めないだけで優秀な人材を失ってしまうのは、会社としても大きな痛手です。そこで時短勤務を認め育児期間中は無理のない労働にして、人材流出を食い止める動きが顕著です。特にMRのような職種では、時短勤務に柔軟な会社が多いです。週に3〜4日勤務とか、1日5時間労働といった案件も見られます。また自宅周辺を担当地域にして、移動の負担を軽減するといった措置を取ってくれる製薬会社もあります。

時短勤務が期待できないのは、病院です。病院勤務では特に入院病棟の場合、夜勤を担当しないといけません。大学病院になると研究機関の側面もあるため、学会開催の準備とか勉強時間なども必要になります。このような背景もあって、大学勤務をするとたとえ子育てでも時短勤務をなかなか認めてくれないと思った方が良いでしょう。

時短勤務制度がある求人も掲載!オススメの薬剤師求人募集サイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!