薬剤師求人募集ランキング

薬剤師の仕事の勉強

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師は、いったん資格を取得し、職に就いたら、それで終わりではなく、日々、勉強が必要です。薬剤師として医療の現場に携わり、なおかつチームの一員として活躍するには、高い専門性が求められます。そのため、それぞれの薬剤師が独自に勉強を重ねるのはもちろんのことながら、薬剤師のための様々な研修が設けられています。そこでは、より専門性を高められるような育成が行なわれ、クオリティーの高い薬剤師の教育が推進されています。

医師の場合でも、新人を育成するための研修医制度がありますが、その資格を十分に活かして一人前の薬剤師として働くためには、薬のことだけではなく、むしろそれ以外の部分でも学ばなければならないことがたくさんあります。ただ、医師と違って薬剤師の場合は義務化された研修制度がないので、病院、製薬会社、ドラッグストアなど、それぞれの職場が独自に研修を行なっています。薬剤師という資格を得ても、それだけですぐに最前線で働く能力が備わっているわけではなく、まだまだ学ばなければならないことが山のようにあるので、新人の薬剤師のクオリティーを高めるために、こうした研修が行なわれているのです。

薬剤師の研修というのは、新人の薬剤師だけを対象としているわけではありません。新人から中堅、あるいはベテランも含め、薬剤師全体のクオリティーを向上させるために行なわれるものなので、薬剤師にとって研修は欠かせない存在です。薬剤師本人にとっても、医療に貢献するため、自分自身の能力を高め、クオリティーを向上させることになる必要不可欠なものでもあります。

薬剤師の研修では、様々な教育を受けることとなります。特に重要なのは、「監査」というものについてです。この監査とは、わかりやすくいえば、「調剤した薬をきちんと確認する」ということです。調合した薬に間違いはないか、誤った調合をしていないか、といったことを念入りに確認する作業です。こうした作業は薬剤師にとって非常に重要な役目のひとつです。薬剤師が扱うのは「医薬品」ですから、万が一、ミスがあると大変なことになりかねません。最悪の場合、患者の生命に大きな影響を及ぼす恐れもあります。それだけに、この「監査」が非常に重要なわけです。

「薬を確認する」という、薬剤師にとって基本的なことでも、新人薬剤師の場合、研修などでしっかりと意識づけ・習慣づけを行ない、徹底させておかないと、実際の現場において、自分のミスを見落とし、誤った薬を患者に渡してしまう可能性もあります。こうしたことのないよう、研修を通して薬剤師の様々な役目を再認識させ、知識を高めるのが研修の重要な目的です。まだ経験が浅い薬剤師をフォローしたり、些細なミスをカバーするのは、中堅やベテランの薬剤師の役目ですが、こうした先輩たちの助けがなくても自分一人でしっかり確認し、間違いなく患者に薬を渡せるようになることが大切です。そのために、研修を通して実務経験を積むことで、知識を高め、クオリティーを向上させていくことを目的として、薬剤師の研修があるのです。

様々な研修を受け、実際の現場で経験を積むことによって、さらなる飛躍を目指したくなるのは当然のことといえます

研修が充実している求人募集を探すならこのサイト!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!