薬剤師求人募集ランキング

薬剤師国家試験

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

薬剤師になるためには6年制大学の薬学部を卒業したうえで、薬剤師国家試験に合格する必要があります。薬剤師国家試験に合格するためには、どこの大学に入学するのがよいのかを考えてみましょう。なぜなら、大学によって薬剤師国家試験の結果、つまり合格率が大きく異なるからです。

まず、薬剤師国家試験の合格率は平均で約75%となっています。そして、大学ごとの合格率を見てみると、もっとも高いのは九州保険福祉大学の97.5%。次いで、近畿大学が90.29%、共立薬科大学の89.32%となっています。一方、国公立大学で合格率が高いのは、広島大学の85.14%(全体の12位)、次に岡山大学の82.35%(同18位)となっています。

このように、トータルで見ると、国公立大学よりも私立大学のほうが合格率が高い傾向があります。また、興味深いのは、偏差値が高い国公立大学の京都大学や東北大学、九州大学、東京大学、大阪大学などは、いずれも50〜60%程度の合格率で、平均を大きく下回っていることです。

なぜ、このような結果になるかというと、国公立大学は薬剤師の国家試験対策は学生の自主性に任せており、大学本来の責務と考えていないためです。国公立大学は、薬剤師よりも研究者を養成することを主たる目的としているため、薬剤師を目指している人には適さないといえるでしょう。もちろん、学生個人のやる気次第では、薬剤師国家試験を突破することは十分に可能です。

薬剤師になるためには国家資格を取得する必要がありますが、そのためにはまず6年制大学の薬学部を卒業している必要があります。

では、薬学部に入学するためには、どの程度の学力が必要なのでしょうか?これは、一概にはいえず、それぞれの大学によって求められる学力のレベルは異なります。国公立大学であれば、まず一次試験としてセンター試験があり、ほぼすべての科目において高い学力を持っている必要があります。一方、私立大学の場合は、必要科目は「数学」「英語」「化学」の3科目だけなので、これらに重点を置いた勉強をすることで合格を勝ち取ることが可能となります。

薬剤師の国家試験の受験資格を得るために必要不可欠な6年制大学薬学部への入学を目指すわけですから、勉強も並大抵では通用しません。とにかくたくさんの過去問を解くのが一番の近道といえます。入試問題の難易度は大学によって異なりますが、最低でもその大学の過去4〜5年分の問題を解き、出題される問題の傾向をしっかりと把握し、それに対応できるだけの十分な対策を行なっておくことが大事です。過去問を解くことは、総合的な学力を身につけることにつながるので、国公立大学を受験する人にも有効な方法です。センター試験の過去問を同じく4〜5年分を解くことで、薬学部合格へ大きく近づくことができます。

このように勉強を積み重ねて6年制大学薬学部に合格することで、薬剤師国家試験への道が開けるのです。そして、6年間、しっかり学問を学び、卒業することによって、はじめて国家試験受験の資格を得ることになります

見事、薬剤師国家試験に合格し、国家資格を取得することができたら、今度は薬剤師として働く場を探すことになります。その際には、薬剤師専門の求人サービス「薬キャリ」や「ヤクジョブ」、「ファルマスタッフ」「マイナビ薬剤師」「ヤクステ」を利用すれば、社会人としてのスタートにふさわしい職場が見つかることでしょう。

薬剤師求人募集を探すならこの転職サイトが便利!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!