薬剤師求人募集ランキング

薬剤師の年収アップのポイント

→薬剤師求人サイトランキングはコチラ!

もっとも一般的で、誰もが可能な収入アップ法は、同じ職場に長く勤めて昇格していくことですが、これはあくまでも上司(管理者)の判断に委ねられる部分が大きく、本人がいくら長く勤めて経験と実績を積んだとしても、それが必ずしも評価されるとは限らず、給料に適正に反映されるとは言い切れません。上司がきちんと評価してくれなかった場合には、いつまでたっても給料が据え置かれたり、最悪の場合、減給などといったケースもないとはいえません。いずれにせよ、自分の給料は自分では決められないわけで、いわば上司次第という他人任せの状況です。

こうなると、給料をアップさせるためには自発的に行動することが求められます。それは決して難しいことではなく、同じ仕事で条件の良い職場へ転職すればいいわけです。そもそも薬剤師になるためには、文系の大学よりも学費の高い薬学部を出ているわけですし、現在であれば6年もその高い学費を支払っているのです。これは、社会に出てから高給を得るための先行投資なわけですから、それに見合った報酬を得るのは決して悪いことではありません。むしろ、高給を得るために、高い学費を支払ったのですから、当然の権利といえます。

さて、薬剤師という国家資格を持っていれば、病院、薬局、ドラッグストア、製薬会社、あるいは保健所といった医療関係の職場はもちろん、食品・化粧品メーカーなど、様々な選択肢があります。それぞれの職場によって、当然、給料の相場も大きく異なります。また、同じ種類の職場でも、その組織(病院や企業等)の形体、資本、経営方針などによって給料の設定に幅があります。こうしたことも考慮したうえで、他の職場の給料を調べ、どこに転職するかを検討すべきでしょう。闇雲に転職しても、高収入を得られるとは限りませんので、このあたりは慎重に行ないましょう。

薬剤師の転職理由のほとんどは、「年収をアップさせたいから」というものです。世間では、薬剤師は高給取りというイメージがあり、確かにそれは間違いとは言い切れません。実際、薬剤師の平均年収はサラリーマンよりも高く、薬剤師であるという時点ですでに世間的には高収入を得ているといえます。しかし、それは高い学費を支払って資格を取得したのですから当然のことでもあります。にもかかわらず、薬剤師であれば、どこの職場に移っても年収アップを実現できるとは限りません。

では、どこで働くのがベストなのでしょうか?まず重要なのは、職場がある「地域」です。都道府県によって収入が大きく違ってくるので、自分の現在の勤務地(都道府県)の平均年収を調べてみましょう。ここでひとつ言えることは、大都市なら年収が高いというものではないということです。これは、東京や大阪を見れば明らかです。首都圏や大都市圏が必ずしも給料が高いというものではなく、むしろ中規模の都市・地域のほうが高収入である場合が少なくありません。

数ある薬剤師の職場のなかでも、現在、もっとも勢いがあるのはドラッグストアです。現状においては、薬剤師の平均年収500万円程度ですが、各ドラッグストアチェーンの店舗の増加を見ればわかるように、その市場規模は年々拡大しており、それに伴なって雇用条件や労働環境が整備されつつあります。各媒体に掲載されている薬剤師の求人情報を見ても、ドラッグストアが圧倒的多数を占めています。これは、市場の拡大を見込んで、人材を確保しようとしている証であり、今のうちに転職しておけば、近い将来、年収が急増する可能性を秘めているといえます。

ドラッグストアにも様々なものがありますが、いまや誰でも知っているMKが売上高、知名度ともにトップの人気を誇っています。そのほかは、ドングリの背比べといったところですが、それなりの知名度のあるところであれば、ドラッグストア以外に転職するよりは将来性があるといえるでしょう。ちなみに、薬剤師の転職先として、もっとも無難な調剤薬局は、仮に知名度の高い大手のチェーンであっても、平均年収は400〜600万円といったところです。

飛び抜けた高収入は得られないものの、経営は安定しており、職場環境も整っているので、女性にとっては転職しやすく、また働きやすい職場といえるでしょう。ただし、職場が広くないケースが多いため、病院や製薬会社などに比べると人間関係が難しくなる場合があります。この点は、転職する本人と職場の相性次第としかいえないでしょう。

年収アップを目指すなら転職エージェントの利用がオススメ!

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師の詳細はコチラ

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師の詳細はコチラ

薬キャリ

薬キャリの詳細はコチラ
© 2017 《薬剤師求人募集ランキング》人気No.1薬剤師転職サイトをリサーチ!